ご祝儀払えず借金?

めでたい友人・知人の結婚式。ちょっとした同窓会気分も味わえて、幸せに浸れる楽しいひとときだ。

 

 

だが、僕らにとって大きな痛手となるのが「ご祝儀」。少なくとも3万円前後を包むのが慣習となっており、金欠のタイミングと重なるとなかなかピンチ…。筆者の周囲では、「ご祝儀が払えないから結婚式欠席するわ」なんていうヤツもいて、なかなか切実な問題である。そこで、20〜30代独身男性会社員200人に、「ご祝儀貧乏」をテーマにアンケート調査した!(協力/アイリサーチ)

 

Q.結婚式のご祝儀が払えずに、親や友人に(一部でも)お金を借りたことは?
・ある 9.5%
・ない 90.5%

 

1割弱=19人が「ある」と回答した。社会人としてちょっと恥ずかしい気もするが、これが実情。さらに、借りた金額とその理由を聞いてみると…。

 

〈ご祝儀が払えず、親や友人に借りた金額〉
平均:8万4210円 ※中央値3万円
【50万円】「お金が足りずに借りることになった」(27歳)
【40万円】「揉め事があって」(25歳)
【10万円】「結婚式が3回続いた」(35歳)
【10万円】「急な出費でお金を用意できなかったから」(26歳)
【10万円】「金がなくて」(36歳)
【5万円】「スーツ代を借りて、祝儀に使った」(30歳)
【4万円】「給料日前」(24歳)

 

け、結構借りてる…。50万円という最高額にも驚きだが、ほかにも高額な数字が並ぶ。1回のご祝儀金額より圧倒的に多いのは、その後の二次会や交通費など、それ以外にもお金がかかるからということ…?

 

では、前述のような「ご祝儀が払えないから結婚式を欠席」という荒技を使った人はどれぐらいいる? こちらも調査した。

 

Q.結婚式のご祝儀が払えずに、または払うのが嫌で結婚式を欠席したことは?
・ある 9.5%
・ない 90.5%

 

奇しくも、「ご祝儀」を借りた人の割合と同じ9.5%。せっかく招待してくれた新郎新婦には、口が裂けても欠席の本当の理由を言えないだろう…!

 

新年早々ケチくさい話で恐縮だが、「今年は結婚ラッシュが来そう」という人は、「ご祝儀貯金」を始めてみるのもいいかも…。
(梵 将大)
(R25編集部)

 

※コラムの内容は、 R25から一部抜粋したものです
※当記事は2016年01月05日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※一部のコラムを除き、 R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

結婚式 ご祝儀が足りない場合に借りるキャッシングの賢い利用方法

今すぐ借りたい
親族・友人・知人の結婚式に呼ばれることは誰にでもあると思います。
結婚はとてもおめでたいことですし、できる限り精一杯お祝いしてあげたいですよね。
気持ちももちろん大事なのですが、もっと大事なのはお祝いに用意するお金です。
結婚式の際に包むご祝儀には相場があり、それは相手が自分とどんな関係かによって変わります。

 

親族であれば5万、友人や知人であれば3万というのが相場です。
これには地域によって差があったりもしますので、一般的な数値と思っておいてください。
いずれにしろ上記の金額は安いものではありません。お祝いの場なのでそんなことは言えませんが、これが原因で金欠になることもあるでしょう。金欠だからという理由でご祝儀を少な目にし、後々になって嫌味を言われたというケースも少なくありません。
相手によってはこのことが原因で疎遠になったというケースもあるようなので要注意です。ですので上記の額は用意しておきたいですね。

 

でも用意するお金が足りない時はどうすれば?と思うかもしれません。
そんな時はキャッシングを利用しましょう。キャッシングであれば気軽にお金を借りることもできますし、お祝いのお金をきちんと用意できます。上記の金額のキャッシングであれば便利だと思いますのでお金を借りてみるのもいいでしょう。

 

もし上記の額だけを借入して、次の給料日には返済するというのであれば無利息サービスを利用することをおすすめします。

 

無利息サービスは消費者金融が行っている独自のサービスです。
大手の消費者金融で言えば、アコム・プロミス・新生銀行カードローン レイクがあります。アコムとプロミスでは一か月の無利息サービスが、新生銀行カードローン レイクでは一ヵ月と180日間の無利息サービスがついています。借入をした翌日から一ヵ月なので、次の給料日には間に合うと思います。

 

その間に返済してしまえば借りた元金だけを返済して終了というわけです。
借金をすると基本的に利息がつきます。利息は必ず支払わなければならないもので、この利息がついているせいで中々借金が減らないという人も。
上記の無利息サービスであれば利息を払わずに済むのでお得ですよ。ただ上記の無利息期間を過ぎても返済が終わっていない場合は、当然そこから利息がつきます。

 

そうなると返済するお金が増えてしまうので、とてももったいないことになります。
借りたら早めに返すことを心がけましょう。キャッシングで一時的にご祝儀代を借り、親族や友人を盛大にお祝いしてあげてくださいね。

 

お金を借りるのに断念した方は電報サービスもありますので、出席しない代わりに電報を送ることも礼儀の一つですよね。
ネットでできる電報サービスはこちら

おすすめのキャッシングはこちら

 

アコム

アコム 申し込み

アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感があります。
3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。もちろん、アコムも来店不要で最短1時間融資も可能!
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。全国のアコムの支店やアコムATM、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

 

アコム

 

 

女性向けキャッシングの詳細はこちら

 

無利息キャッシングの詳細はこちら

 

即日融資の詳細はこちら

即日融資

 

収入証明書不要はこちら

収入証明書不要

 

総合ランキングはこちら

総合ランキング

結婚式祝儀のためにお金を借りる

結婚式はとてもおめでたい機会ですよね。そういった場に行けるのは喜ばしいことですが、気になるのがご祝儀です。ご祝儀の相場は、友人・知人であれば3万、親族であれば5万と言われています。決して安い金額ではないですが、できればこの金額は用意しておきたいもの。もしこの金額が用意できない時は、キャッシングで借りておくという手があります。上記の金額を借りるのであれば、ほとんどの人が次の給料日には完済できるでしょう。その場合に利用したいのが、無利息キャッシングサービスです。無利息キャッシングサービスとは、決められた期間内に返済すれば借りた分の利息を支払わなくてもOKということ。大手の消費者金融ではこのサービスを提供しているところが多いので、安心して借入ができるでしょう。大体のところは30日間無利息というサービスを提供しています。しかしレイクではこれに加えて180日間無利息というサービスもあります。借入限度額が5万と定められていますが、結婚式用のご祝儀であればこの限度額でも充分ですよね。結婚式の祝儀はとても大事なものです。ケチって相場よりも減額すると、後々になって嫌味を言われることもあるかもしれません。それにせっかくのお祝いの気持ちなのですから、キャッシングで借りてもいいですよね。
無利息